auひかり キャンペーン

速度と料金に定評のあるauひかりキャンペーン特集

住んでるお家がauひかりの工事が可能な地域なら、フレッツ光よりも安価で速いネットが使えるチャンスです。

 

また、auひかりの名前の通りauの携帯電話とのセット割を家族で活用すれば、auひかりの料金分くらいは浮いちゃうこともあります。

キャンペーン比較の前に知っておきたいauひかり基本情報

auひかりはフレッツ光と違う点がいくつかあるので、キャンペーン比較の前に事前に知っておきたいauひかりの情報をまとめます。

 

  1. 月額料金はどこのプロバイダを選んでも同じ(特典で割引がない限り)
  2. auスマートバリューはauユーザーなら絶対お得になる

 

フレッツ光も最近は光コラボレーションでプロバイダと回線が一体になった料金体系が登場しましたが、基本はプロバイダ(CONやSo-netなど)料金と回線(NTT)料金が別々で請求されます。

 

一方、auひかりでは元からプロバイダ一体型でどのプロバイダを選んでも料金は同じです。申し込み特典で月額割引があるキャンペーンを利用しない限りはプロバイダごとにコスト面で差がありません。

 

au携帯とのセット割のauスマートバリューはauひかりと光電話に加入することでau回線1契約につき最大2,000円安くなります。光電話は基本料で月500円かかりますが、auスマートバリューの割引分で十分ペイできちゃいます。

 

しかも、auスマートバリューは1回線だけでなく最大で10回線まで対象なので、家族まるごとauユーザーの人なら割引額の合計がauひかりの月額を超えることもあります。

ヤマダ電機などの家電量販店とネット申し込みはどっちがお得?

インターネットの契約はどっちがいい?オンラインと家電量販店を比較でも書きましたが、auひかりも家電量販店で申し込みをするよりネット申し込みの方がお得です。

 

たとえば、ヤマダ電機ならパソコン同時購入で本体値引きが25,000円、auひかりのみの契約なら5,000円もらえるだけです。また、ネット以外に光電話と電話オプションパック加入が条件になっています。

 

ヤマダ電機以外の量販店でもポイントや商品券が20,000円分もらえるくらいです。正直これくらいの特典以上のキャンペーンならネット申し込みで腐るほどあります。

 

このページでご紹介しているキャンペーンならネットのみで46,000円のキャッシュバックがあるので、実店舗で申し込むと20,000円以上損をすることになります。

ホントにお得なauひかりキャンペーンを選ぶコツ

まず失敗しないためにはオプション不要のキャンペーンを選ぶことをおすすめします。

 

なぜなら、代理店のキャンペーンの中には有料オプションを2個も3個も加入しないといけないものが多く、また、そういった代理店ほど工事費無料分をキャッシュバック額に上乗せして見かけだけ豪華に見せたりと、ネット関係に疎い人ならすぐ騙されてしまいます。

 

他にもキャッシュバックを満額受け取るためにはauひかり加入希望者の紹介が条件になっているところもあるので、現実的な条件でどこのキャンペーンがお得かを比較することが大事です。

 

ネットのみかオプションに加入するとしても光電話(auスマートバリューのため)で特典がもらえるものにしましょう。

他社回線からの乗り換えは違約金負担のスタートサポートプラス

auひかりに興味があるけど、利用中のネット回線の違約金があるから簡単に乗り換えられない……

 

そんな人にauひかりの「スタートサポートプラス」がおすすめです。

 

WiMAXを除く他社回線の解約料金を最大30,000円までauひかりが負担してくれます。正確には解約料金はこちらで払って、あとでauひかりから郵便為替かau WALLETへのチャージで還元されます。

 

また、1年間月額料金が1,000円割引になります。実は他社違約金が無くても申請するだけで月額料金の割引が受けられます。

 

スタートサポートプラスは6月から期間限定ということで始まりましたが、今のところ終了時期は未定です。

トップへ戻る